貯め倒れ

「京の着倒れ、大阪の食い倒れ」に対して「名古屋の貯め倒れ」といいます。

名古屋人は倹約家で質素で計算高く、どこへ出かけるにも財布と相談して、無駄遣いは絶対にしないのです。

たとえば、名古屋駅では、駅前のレストランは8時にはほとんどが店を閉めてしまいます。

大きな駅なのに人通りも絶え、真っ暗になってしまいます。

その代わり屋台のラーメン屋が建ち並び、結構客が入ります。

倹約家の名古屋人が相手では、レストランは早じまいするしかないのです。

そうして節約したお金を、名古屋人はせっせと貯金します。

ですから当然、貯蓄率は全国でもトップクラスになります。

そのせいか、愛知県には銀行が非常に多くあります。

人口当たりの比率は全国いちばんになるし、愛知県出身者は銀行家としてもじつに有能なんだそうです。

ただし、貯金の方法がいかにも名古屋的で、ひとつの銀行にまとめて預けることはせず、いくつもに分散させます。

もうひとつ、東京などと比べて目立つのは「タンス貯金」の多さです。

とにかく名古屋人は熱心にお金を貯めるようです。

これだけ手堅いので、銀行も安心して資金の融資ができるのですが、困ったことに借りてくれる人が少ないんだそうです。

https://jiko-ask.com/search/pid:23